サイトには適切なタイトルをつけよう!

サイトの内容に合ったものにする

ウェブサイトを作ったとき、せっかくならたくさんの人に読んでほしいとSEOを意識する人は少なくありません。検索サイトにおいて、検索結果の上位に表示されればそこから流れ込んでくる人が多くなるからです。ただ、あまりにもSEOを意識しすぎた結果、不適切なサイトタイトルをつけてしまい、かえってアクセス数を減らしてしまう場合があるので注意しましょう。
では、不適切なサイトタイトルとは具体的にどのようなものかというと、まず挙げられるのはサイトの内容とまったく違うものです。たとえば、音楽アーティストについて書かれているサイトなのに、検索で引っかかりやすいようにとサイトの記事でまったく触れられていない有名スポーツ選手の名前をつけたら、それは検索サイトをだます行為だと見なされます。

特定のキーワードを過剰に盛り込まない

サイトの内容には合っていても特定のキーワードを過剰なほど盛り込んだタイトルもあまりよくありません。アーティストについて書いたサイトのタイトルが、そのアーティストの名前だけを20回繰り返したものといった場合です。過去のSEOの手法として、特定のキーワードをタイトルや見出し、本文中に繰り返し書き込むというものは確かにありました。しかし、現在はまったく評価されませんし、逆にスパムと見なされることもあります。というのは、人名がひたすら書かれているタイトルなど、人間から見たらわかりづらいだけだからです。
したがって、検索サイトのプログラムにだけ効果的なタイトルではなく、閲覧者が見てサイトの内容を判断しやすいタイトルをつけるようにしましょう。